独立愚連隊ネオヘキサス日記

ヘッダ用のコピー3.png

このサイトはPBCチャット『NOT INTRPG CHAT』の支援ブログなんですが
すでに八房の趣味のブログと化しています。

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 我らが空気王。 | TOP | フライパン買い換えたいです。 >>

2009.05.16 Saturday

リンクの冒険(乱丸・著)といえば



雷門せとさんからのコメント頂きまして
なんだか走馬灯のように色々思い出してしまった『わんぱっくコミック』ですが
今思い出しても名作だなと思うのがゼルダの伝説&リンクの冒険のコミカライズですか。

何しろ当時から、そのあまりにもゲームのストーリーから離れまくった内容に・・・
というか、離れたと言うよりは、
ゲーム内容のコミカライズに留まらなかったと言うべきでしょうか。
そんな内容に、小学生ながら、微妙に『作家性』というものを感じたりして・・・たでしょうか?

それはどうか判りませんがとにかく名作で、思い出すことは色々ありますけど
なんだか忘れられないのが、リンクの冒険の最初の方に出てきたサブキャラクターで
獣人の魔法使いが居たんですね。クマ?みたいな?クスクスっていう名前だった記憶があります。

これがなにしろ魔法がヘタというか、その魔法でぜんぜん敵も倒せないお荷物で。
リンクに『君はその爪と牙があるんだから、それで戦った方が強いじゃないか』
って言われるんですけど
『僕はこの爪と牙が醜くてイヤだから魔法使いになりたいんです』って言うんですね。

最終的にクスクスは、神殿守護神のマズラからリンクを助ける時に
爪で引っ掻いて、マズラの首筋に噛み付いて闘う瞬間があるんですけど、
そのとき致命傷を負ったクスクスとリンクが

『結局僕は、キライなこの爪と牙を使ってしまいましたねえ』
『それでいいんだよ!それがキミなんだから!』
『そうですね。これでよかったのかも』

っていう会話をするんですけど、なんだかそれが凄く記憶に残っています。


思えば小学校低学年くらい向けの雑誌の、特にゲームのコミカライズ漫画としては
とにかくキャラクターが大勢死んで行く漫画でした。
ヒロインのゼルダ姫もストーリー中盤で死にました。
今考えると本当に思い切った漫画だったなと思います。

大神殿のリンクVS影リンクなど、見事なテーマで描かれていたんですが
半分復活しかけのガノンが最終ボスだったのも大興奮と言うか・・・。
あの頃感じたそれらのエンターテイメント性は、今でも非常に影響を受けているんでしょうねえ。

調べてみると、作者の乱丸先生という方は、
なんと横山光輝氏、および和田慎二氏の弟子なんだそうです。
あああ、なるほど。っていう感じです。
絵的にもストーリー的にも、なるほどって感じです。
僕は和田慎二先生といえば超少女明日香(ちょうしょうじょあすか)のオチに
なんでじゃああああって慟哭したタイプの読者でしたので
乱丸先生のリンクの冒険が、悲しみ抜きでは語れないというのも非常に納得です。

今日は仕事中にそんな事ばかり思い出していました。

以下はレスであります。

―――――――――

>SAYKAさん
公式キャラどころか僕は自キャラのエピソードも終わらせてません。
ウフフ・・・・

スライム、ガン無視を決め込みたいんですけど、
ルシア最初は足も遅いじゃないですか。
最終的にはマッハのスピードというか、それはちょっと速過ぎるんじゃないかな
っていうくらいの速度に達しますが。
いやもう、流石のファミコンクオリティ。バランスが無茶です。

企画に関して、やはり流れとか色々考えてしまう部分もありますけど、
冷静に見回してみると、意外とパラレル上等!すべからくオリジナルストーリー!
っていうの、人が投稿しているのは全然抵抗なく観れますから、
自分で描く場合でも、それほど心配しなくてもいいのかなー・・・とか、
終わってから気付いちゃいますよね。毎回。

やはりお祭りは乗って楽しんでナンボ、でしょうかね!

>雷門せとさん
どどどどどどうも!ようこそいらっしゃいました!!
毎度の事ながら恐縮であります。
いつでも隣に臼井店長!!
pixivファンタジア掘∩未譴弌悗圓がく』でもお世話になりました。雷門せとさん!
いつも髪サラッサラの臼井店長に身悶えさせていただいています。
フェンネルさんはヒゲのおじいさんだとばかり思っていましたが
犬のおヒゲ=人間のヒゲではないという盲点。
イケメン復活に度肝を抜かれた八房であります。
本当に、いつもイラスト拝見させていただいております。
まれに飛び出すセクシー女体化絵にも毎度大興奮であります。
何言ってんでしょう自分。

ともあれ、わんぱっくコミック世代というか読者というか・・・・
せとさんが『もりけん先生のリップルアイランド模写したさ』と言われますと
『ああああああなるほど!』と、何故だか思ってしまいます。
僕はどちらかといえば、ちょっとエッチなみなづき由宇先生の模写派でありましたが。レイラとかの。
中学の頃、みなづき先生がガチのアダルト漫画家と知った時は衝撃でした。
なんの話だよっていう。

ついつい、ゼルダの伝説・リンクの冒険の話となりますと、熱が入ってしまうものです。

まあそれはともかく、アフターが本番!これから本番だ!!なんという勇気付け。
にしても、遊撃看護士さんを投稿していただいたのは何しろ感激いたしまして、
本当に感謝しております。
ナースってやっぱり・・・ああいう可憐さですよね・・・・なんという水色。
それにしても本当に女性キャラの可愛さぶりが異常だと思うのです。
かつ、セクシーも。

ともあれ今後ともpixivにて、よろしくお願い致します。
今後とも作品の投稿、本当に楽しみにしております!

コメント

リンクの冒険ではマズラの金棒にはリフレックスの魔法を使っても防げないので下突きを覚えていれば楽勝ですが、覚えて無ければアイアンナック&ゲール対策でドラゴンクエストシリーズのヤンガスが最も得意とするジャンプ&攻撃による兜割で仕留めるしかなく、昔のゲームなので魔法が無効な強敵も多いから直接打撃による物理攻撃がベストですよ。

又、リンクの冒険でもルトの町にてガラの悪いチンピラトリオで左目に眼帯をして帽子を被ってナイフを持ったリーダーと金棒を持った熊とナイフを持った無精髭に第2神殿の事を聞いて「神殿?さあねえ。知らねえなあ」と言われて立ち去ろうとしたら「待ちな!!人に物を尋ねといてタダはねえだろ。有り金残らずおいていきな」とリーダーに言われてその直後にリンクが断って奴等が襲い掛かって来ても逆にボコボコにしてリーダーは両目が星、熊は逆さま、無精髭は尻にナイフが突き刺さりの浣腸になってました。

もしこれがフェアリーテイルのアクノロギアやストリートファイターシリーズの豪鬼だったりしたら奴等は確実に地獄行きでした。

サリアの町の酒場では熊顔と片目に傷が付いた馬顔と帽子を被ったドワーフによる酔っ払いトリオに「ミルクでも飲みに来たのかい、坊や。ここは子供の来る所じゃねえぜ。さっさと・・・うっ!!」と因縁を付けられて逆に睨み返して「こっわー」と怯ませたのが「大人の癖に情けない」と思わされました。

又、乱丸先生のゼルダの伝説とリンクの冒険ではレベル1の迷宮やデスマウンテンにて魔物による総攻撃が来ますが、ランボーやプリキュアやシティーハンターやルパン一味だったら強過ぎるので一人で全員血祭りにあげる事も可能ですよ。

リンクの冒険は兜割の他に神殿の宝物を守っているアイアンナック青に対しては壁が有るので射程の長い剣ビームを防御しながら追い詰めて攻撃が止んだ時にプリキュアが得意とするパンチとキックを合わせた上下交差連射攻撃による爆裂拳でボコボコにすれば良く、大神殿のフォッカーに対しては広い場所に誘い込んで防御に徹して奴がハイジャンプして真上に来た所に上突きをカマせば良く、ラストボスの自分の影には相手は所詮コンピュータでワンパターンなのでシールドの魔法だけ掛けてパンチによる上段と進行方向だけで怯まず壁際に追い詰めれば必ず勝てます。

第5神殿でマーゴと戦うにリフレックスの魔法を使ってましたが、MPの無駄遣いなのでマウとのコンビネーションでファイアとシールドを使わなければならない場面以外は使わず焦って深追いせず自分の近くに来た所に下突きをカマせば楽勝で奴は得点が200と高いのでレベルアップのチャンスでもあり根絶やしにするべきです。

後はサリアの町にて老婆に化けたエークに魔法使いの事を尋ねて襲われて抜刀して逃げられましたが、俺がリンクなら確実に逃がさず仕留めます。

ダルニアの町は第4神殿にてウィズザールにシールドを壊されてキックによる下段攻撃が有効で下突きを繰り出すパルタムにマジカルソードを壊されて行く事になり森の中で魔法剣士シャモンに助けられてエーク3匹がスパイとして潜り込んで、モリブリン達も弓矢対策に頭を使って考えてシールドで武装して巨大な丸太で門を打ち破ろうと体当たりしたり、ボスはダイラのリーダーで一騎打ちで勝てましたが、雑魚は頭が悪いので斧と槍をリンクに投げ付けて逆にリフレックスの魔法で跳ね返されましたね。

まあダルニアは山から高品質な鉄が取れて腕の良い鍛冶屋も居るから剣自体は良く斬れるし、リンクの専用の魔法を込めた剣も作って貰いました。

剣と言えばゼルダの伝説の最初の店では店主も感じが良くホワイトソードが1000ルピーで売られてましたが、リンクが「僕にはちょっと大きいな」と言ってましたね。

それならドラゴンクエスト7のアイラなら多くの武器防具を装備出来るのでアイラが生まれていればアイラ本人が買っていたでしょう。

そもそも昔のTVゲームは今のプレイモアを始めとするITによる凶悪なTVゲームに比べたら生易し過ぎますからね。

フォッカー青やゲール青やアイアンナック青が5つ星の強さを誇るとは笑わせるし、本当の5つ星の強さとはソウルキャリバー5のクイックバトルAランク42人の事を言うのですよ。
2016/02/28 10:12 PM by レトロマニア
こういう、種族ならではの葛藤とかコンプレックスには非ッ常〜〜〜〜〜に弱いです。植物です。

ゼルダ中盤で死なすって!スゴいことしてますね!
しかし、そこまでいくと漫画だけでひとつの作品として完結させられるレベルですね。
作品としての完成度が高かったり読者を引き込むのが上手かったりすると、そういうのもプラスに働くのが面白いです。
スーパーマリオくんなんかは、版権元が「何してもいいよ」って言ってるみたいですけどw
2009/05/18 9:06 PM by 植物
コミカライズ系は設定がぶっ飛ぶのは基本。
そういう意味では設定を生かしつつもな円英智先生のロマンシアなんかお気に入りです。

こちらも細々とお世話になっておりまして。
pixivでは楽しみに拝見させていただいております。

>みなづき由宇先生
なんとなく納得。健康的な色気という点で。

ナースはいいですね!
年に4回くらいは半定期的に描いてる気がします…。


…うん、ごめん。臼「石」店長なんだw
2009/05/17 11:49 PM by 雷門せと
SFC版のゼルダがやりたいんですよ。

しかしこれが見事に無くて。
でもDISK版の初代は「1」とか付いたりでなんやかんやで復刻されてるのにSFC版は(略

Wiiのバーチャルコンソールには有るらしいけど流石に持ってないので・・・



中古屋|    λ.............
2009/05/16 10:15 PM by SAYKA.

コメントする









▲top