独立愚連隊ネオヘキサス日記

ヘッダ用のコピー3.png

このサイトはPBCチャット『NOT INTRPG CHAT』の支援ブログなんですが
すでに八房の趣味のブログと化しています。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2013.04.26 Friday

【超ボーマス】ジャンプコンピ【宣伝】

 

4月27日、28日に幕張で行われます、
ボーカロイドonly event
「THE VOC@LOiD 超 M@STER24」 略称「超ボーマス」にて
挫折P様のサークル『音屋商会』、スペースB-13にて頒布の
ボーカロイドアルバム『ジャンプコンピ』のCDジャケットとブックレット等を描かせて頂きました。
上のイラストがCDジャケット、および開くと歌詞カードになっている仕様のものです。

元々は3月24日に関西で行われましたイベント、ボーパラ関西で頒布されたものでしたが
今回、幕張のイベントでも頒布予定とのことで。
ご機会のある方は是非、お立ち寄り頂ければと思います。


ニコニコ動画『ジャンプコンピ』宣伝動画


――――――――――――――――――――――――――――――

ご無沙汰しております。八房です。
現在、絶賛PixivファンタジアNew World期間中どころか
もうすでに最終章に突入しております。
例年通りであればキャラクターシートからこのブログで告知していたのですが
なにやら薬局とイラストの両面での仕事が非常に忙しくもなっており、
ちょっとブログ更新している気力がなかったというのがあります。

なにせマルダァをドロワで描いているヒマもないほどでしたので
僕の追い詰められっぷりの程度が判ろうというものです。


ジャンプコンピについてなのですが、
往年のジャンプ作品をモチーフに、
ボーカロイドPの方々がオリジナル楽曲を作成するというコンセプトアルバムとなっておりまして
僕も聞かせて頂きましたが、漫画作品の本質的な所を捉えて楽曲化されているように思いました。
ジャンプコンピレーションの名に恥じず、ジャンプ作品を皆様愛してらっしゃるのだなあと
そんな風に感じたものです。

ジャケット担当の僕はといえばやはりジャンプで育った世代なわけですが
ミクはともかくリン・レン・ルカの遊び具合はもうなんと言いますか
ジャンプ作品風にというよりは特定のジャンプ作品のパロディな感じでありまして
これ大丈夫なの!?大丈夫なのか!?という気持ちでありますが
快くOKを出してくださった挫折P様こと、でか大さんには感謝の言葉もありません。

なにしろ初音ミクを始めとしたボーカロイドのキャラクターを描くのが初めてでありまして
色々緊張しつつも非常に楽しく描けたと思います。

もし、ご機会が有りましたら、どうぞ宜しくお願い致します。


2013.01.15 Tuesday

【バトルスピリッツ】仕事宣伝です。


バトルスピリッツ公式

あけましておめでとうございます。八房であります。
トップ絵をPIXIVで投稿した年賀イラストに替えさせて頂きましたが
2013年になって初めてのブログ更新となります。

現在発売中のバトルスピリッツ・剣刃(ツルギ)編第二弾 乱剣戦記(クロスクライシス)にて
青のスピリット・カモオネと、青のブレイブ・コノハガニン、
スターターデッキ17弾にて巨人小隊の3点を描かせて頂きました。

コノハガニンはレアカード指定になっているようで、カードがちょっとキラキラしたコーティングになっております。
僕も昔はビックリマンシールを集めていた世代でして、ヘッドシールとはいかぬまでも
このキラキラ加工を施されている自分の絵を観るのは少し感慨深いものがあります。

僕にサンプルが届く前、昨年末辺りには既にバトルスピリッツで遊んでいる方々のお手元に届いていたようで
ツイッターで『コノハガニンはレアカードじゃないですか!』って言われた時に
『ええっ』と言ってしまったりしました。

――――――――――――――――――――――――――――――


ともあれ、2013年となりまして、皆様如何お過ごしでしょうか。
2005年にドリコムブログからJUGEMに引っ越したこのブログも、ふと気づいてみれば
もう7年以上が経過しているようです。

7年というと長いのか短いのか複雑なところでありまして
もう7年か、という気持ちと、まだ10年も経ってないのかという気持ちがあります。

その間に本当に色々なことがあり、自分の絵も漫画作品も、
昔と比べてみればとても大きく変わっているようでもありつつも
絵柄も質も中学高校の頃とさほど変わっていないようでもあり。

そのように振り返ると、節目節目の自分の気持ちや、苦しかったこと、心折れたことを思い出しまして
現在でもイラストや漫画を、自分なりに真剣に描き続けている自分の事を誇らしく思う気持ちがあります。

それもこれもやはりPIXIVやこのページで僕の作品を観てくださっている方々が
いつでもモチベーションを与えてくださっているのだなということは
歳を負うごとに実感されるといいますか、得がたい、有難いことなのだなと思います。


2013年現在も、自分の作品には本当に多くの課題があり、成長せねばならない部分が本当に多くあります。
その点において、自分の作品の先が見えないと言うことは本当に素晴らしいことなのだと思うんですね。

そんな気持ちで迎える本年、
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

2012.11.03 Saturday

【バトルスピリッツ】宣伝です。

ワオー・フェスキーナ.jpg
<バトルスピリッツ公式>

10月13日発売の
バトルスピリッツ 剣刃(ツルギ)編第一弾 聖剣時代(ソードジェネレーション)で
二枚描かせて頂きました。

青のスピリッツ【戦獣ワオー】と、青のブレイブ【フェスキーナ・アームズ】です。

ワオーは「ワオ・マングース」という、尻尾に縞模様のあるマングースの種類がモチーフとなります。
フェスキーナは正しくはフュスキーナ(三叉の鉾)、
FF世代の我々はトライデントと呼ぶ武器の一種と考えると判りやすいでしょうか。
個人的に推測することなんですが、正しくフュスキーナと呼ぶよりも
フェスキーナという表記のほうが、お子さんが読みやすいという気遣いがあったのではないかなと思っています。

――――――――――――――――――――――――――――――

青のブレイブは特に、今までも無機物をモチーフとしたものが多いのですが
今回のフェスキーナ・アームズには鉾の形状に触手を付けるというデザイン注文があったため、
結果としてイカみたいなビジュアルになってしまったのですが、これが結構気に入っています。

以前もバトスピの仕事に関するブログで何度か触れてきた事なのですが
モチーフに可愛さがある場合でも、そうでない場合でも、
バトルスピリッツというカードゲームの性質上、特に青の世界の住人は皆
戦うクリーチャーとしての力強さを常に前面に押し出すというのは重要な事だと思っているんです。


そんな中、僕は比較的、可愛いあるいはコミカルな見た目のモチーフが多いので思うことなのですが
けっこう「へんな見た目」というか、ちょっと面白い形をしているというのも
様々なカードの存在するこのゲームにおいては重要なのかなとも思うんですよね。
荒木飛呂彦先生ではないんですが「ちょっとガクッとくる」というんでしょうか。


なんか、そういう意味で僕はフェスキーナ・アームズが「イカですか?」って言われた時
なかなか説明しづらい嬉しさというか、
「イカ!!イカっていいな」ってちょっと思ったという事がありました。


昨今ではツイッターでつながっているPIXIVの友人の方々に、
バトルスピリッツのユーザーさんがたくさんいらっしゃいまして
そういった感想を頂けるのも本当に嬉しいことであります。


ともあれ、新シリーズに入ったバトルスピリッツなのですが
最近では新しく開始するご家族のためのスターターキットなども再展開されておりますので
ご自身で遊んでみるのも、お子さんと遊んでみるのもいいのではないかと思います。
是非是非、どうぞよろしくお願い致します。


こうやって書いていて思うんですけども
同級生のお子さんがバトスピで遊べる年齢くらいになっているんだなあ・・・と
ふと・・・なんでしょう、感慨深いのか
果たして僕は未だに何をやっているんだと冷静になるのか非常に複雑な気持ちであります。

2012.09.17 Monday

仕事宣伝です。


【バトルスピリッツ公式】

またしてもご無沙汰しております。八房です。
7月28日に発売された、バトルスピリッツ18弾 覇王編 覇王大決戦に二点描かせていただきました。

テリジーノは前回の仕事ブログでもリンクで紹介させて頂きましたが、
赤のスピリッツでモチーフはテリジノサウルス。
左は青のブレイブ、古代ローマ戦車がモチーフのチャリオット・アームズです。

僕は割と、青ではコミカルな半人半動物系とゴーレム系、そして赤は恐竜系のオファーが基本なのですが
今回はゴーレム系と恐竜系で、どちらもえらく戦闘的なモチーフだなと思います。
とても好きですけど!


なにやらバトスピは現在すごく勢いのある作品のようで
最近はアニメも新シリーズ、カードゲームの方も新シリーズへの転換期でしょうか。
親子で遊べるスターターパックなども商品として発売されても居るようですし
ご興味ある皆さんもこの機会にいかがでしょう。

僕もちょっといい機会なので開始してみようと思っているのですが
なんだかんだでまだちっとも具体的に始めていないのが現状であります。
お恥ずかしい事であります!

ーーーーーーーーーーーーー

最近も最近とて薬局仕事が忙しかったり、
そしてなによりPIXIVでピクシブロボット大戦Gが開始されたり
どろわで矢木坂せとさんのダァシェさんと遊んでたりと公私共忙しかったりしますが
ともあれピクロボGに参加させて頂いております。
後ほどそのブログも更新していきたいところですね。

2012.08.30 Thursday

イベント宣伝であります。



【高天原 公式ホームページ】
【高天原 ソードアート・オンラインONLYイベント告知ページ】

11月25日に、サークル高天原さんより開催のソードアート・オンラインONLYイベント
『アインクラッド』の告知チラシイラストを描かせて頂きました。

高天原といえば僕がまだギリギリ10代だった頃、SHADOW SKILL〜影技〜のPBCチャットである
INTRPGの廃人だった頃に知り合った恩人、閣下のサークルであります。
PIXIVで僕を存じ上げている方は何のことやら判らないかもしれませんが
閣下のことは閣下、と、この10年来お呼びしているものですから
現在の正式なHNは存じ上げていないのであります。



閣下といえばコミケに関わるお仕事だったりコスプレイベントの主催だったりと
同人イベント関係で現在もご活躍されているようなのですが
僕はといえば閣下のそういったお仕事関係はほとんど存じておりませんで
10年来の付き合いになりますが、仕事関係でご協力させて頂いたのは今回初めての気がします。

10年というかそろそろ15年になるでしょうが、
その歳月の間に膨れ上がった色々な恩もありまして
今回、謹んでご協力させて頂いた次第であります。

――――――――――――――――――――――――――――――――

ソードアート・オンラインといえば現在も放映中の、原作ライトノベルの作品ですが
僕は閣下からこのお話を頂いてからあわてて観始めまして。
オンラインゲームを題材にしたアニメといえば.hack//SIGNを連想する世代の僕は
前提となるゲーム設定のサスペンス性がいたく気に入りまして
アニメのみですが現在も観ております。

しかし僕は基本的に版権作品を描くのが本当に苦手なものでして
キリトもアスナも似てないことこの上ないなと思いつつ。
ソードアート・オンラインをこよなく愛する方がこのブログ読者にいらっしゃいましたら
イベントの方、ぜひぜひ参加して頂ければと思います。


<< | 2/126 | >>

▲top