独立愚連隊ネオヘキサス日記

ヘッダ用のコピー3.png

このサイトはPBCチャット『NOT INTRPG CHAT』の支援ブログなんですが
すでに八房の趣味のブログと化しています。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2012.03.26 Monday

【バトスピ】仕事絵宣伝であります。【宣伝】


<バトルスピリッツ公式>

少し前にサンプルが届いていたんですが、薬局の方がバタバタしていたこともあり
更新が遅れておりました。
バトルスピリッツ  覇王編 第3弾 【爆裂の覇道】 で二枚描かせて頂きました。
パイルドラコとサケビバードであります。

赤のスピリットは恐竜・爬虫類系、青のスピリットは動物・ゴーレム系で今までお受けしておりまして
今回もそのような感じになります。

前回のピグミゲーターは溶岩ワニでしたが、今回のモチーフは
インドシナウォータードラゴンです。
すごいカッコいいんですけど、ググッていただくと判るように
手乗りイグアナみたいな生物で、とてもキュートです。
なんとなく、ピクロボオフのときに観たアポロシャークを思い出してしまいますね。


青のスピリットはサケビバード、こちらもカンムリサケビドリという鳥がモチーフで
以前受けたチャコペッカのモチーフがチャコペッカリーという生物だったんですが
なんというか、僕が知らない生物がたくさん居るんだなと、
そういうところでちょっと感動しながらお仕事をお受けしています。


毎度思うのですが、バトルスピリッツのスピリットたちは
生物や自然物がモチーフとはいえ、やはりそこは戦うためのスピリットなわけで
デザインは毎度の事ながら、ああでもないこうでもないと考えている気がします。

最終的に僕は割とモチーフの特徴からそれほど大きく変わらない方向性なんですけど
最近はそこにもう少し明確な+αがあるといいのかなあと、そんなような事をよく考えています。


2012.03.09 Friday

なんでプリキュア描いたんだ的な更新



Pixivの方に投稿したんですけど、昨日の休みを使ってなんかプリキュア描いてたんですよ。
Pixivのキャプションにもあるとおり、ボトムズの落書きしてたはずなんですけど
多分、BGMをプリキュアオールスターズDX3の主題歌にしたのが問題だったんでしょうね。

MSLを描いている最中に、ボトムズ関係の楽曲って聞きまくっているために
息抜きのラクガキでBGMとして使ってたら、本編描く時に曲に飽きちゃった、
なんてことがあると困るじゃないですか。

で、ちょうどボトムズの「孤影再び」と一緒にアマゾンから届いた
プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花
のブルーレイをその日の朝に見てたとかは別に関係あるわけじゃないんですよ。


まあでも正直、プリキュアオールスターズDX3は本当に面白かったですね。
本当に素晴らしい出来でした。
お祭り作品に留まらない、プリキュアシリーズのテーマ性を集約したというか
プリキュア6代に渡る、現時点での最終着地点みたいなものを感じました。
僕も初代からずっと観ているわけですが
映像特典の舞台挨拶で、初代プリキュア・キュアブラックこと美墨なぎさ役の本名陽子さんが
プリキュアシリーズへの熱い思いを語っていたのが印象的でした。
確かに、おじゃ魔女どれみからナージャを経てプリキュアに移る際、
このシリーズの道を切り拓いた張本人といっても過言ではない本名さんは


いや まあ
プリキュア観てたから描いたっていうのはそれはそうなんですけどね



でもまあ、考えてみれば、ここ最近はむせ続けていた事もあり
本当に思いっきり息抜きしたなって感じです。
MSL最終章、あと10日も無いんですけど、悔いの無いように描いていければいいなと思います。




ところで
僕はプリキュアは無印〜マックスハートが一番好きなんですけど
シリーズ重ねる上で、放映当初はたぶん自分的に評価がダントツで低かったフレッシュプリキュアは
キュアピーチこと桃園ラブの兄貴のおかげで、今となっては自分の中ですごい上位に居る気がします。

ブラックにしろピーチにしろ何がいいかってアレですね
完全に脳筋特化なのがいいですね。
放っておくと「力(りき)み無くして開放のカタルシスはありえねェ」
とか言い出しそうなほどパワー攻撃系なのがいいです。
まあ、プリキュアって基本的にみんな徒手空拳なのがポイントみたいなんですが
この二人は特にそういう特徴が顕著だった気がします。

2012.02.04 Saturday

【サイバーワン】仕事宣伝であります。



サイバーワン公式

1月28日発売のサイバーワン、第二弾のカードを3枚描かせて頂きました。
左から、『ボーンバット』『グール』『クリサオル』の三種類です。

クリサオルはアーティファクトという新しいカテゴリーの、いわゆる『装備カード』でありまして
キャラクターでなく装備品のデザインという事で本当に今回困ったというか
なんかもう『生きててすいません』みたいな状態でありました。

私事ではありますが、第二弾にはイラストレーターとして、PIXIVの鷹山弾さん、
ことら鈴音さん、Azusaさんなども参加なされておりまして
(第一弾から引き続き、Ryo-taさん、ITKZさん、斎藤かずえさんもいらっしゃいます。)
PIXIV関係でご存知の方々は、ぜひサイバーワンでちょっと遊んでみてはいかがでしょうか。


サイバーワンは販売店でカードを実際に購入し、記載されているシリアルを公式ページで登録することで
WEB上でカードを実際に使用することが出来るシステムになっております。

が、WEB上で無料支給される架空のお金を使用して、
期間限定ではありますが、レンタルのカードを使って実際に遊んでみることが出来るため
ご興味のある方はお気軽にお試し頂ければなと思います。


遊んでみて、レンタルカードを買ってみて、そして、
もういいよボーンバット7枚もいらないよ
と、確率が生み出す悲しいドラマを感じてみてください。


余談ですが、同じくサイバーワンで遊んでらっしゃる、ある社員さんに聞いたんですが
ブースターパック2個買ったら
私の家に八房さんのカード10枚くらいあるんだけど・・・
などという事件も発生しており
意外と我がアンデッド軍団は自己主張が激しいようだなと思うわけであります。


実際僕もけっこう遊んでおります。
ランクがC−1からC−5まで5階級あるのですが
リーグで上位3名がどんどん上のランクに上がって行くシステムで
僕は現在C−2ランクです。

もうすぐ最上位ランクであるC−1なのですが、C−2の猛者たちに負けが込んでおり
今シーズンも昇格はムリっぽくなってまいりました。

私事ではありますが、Pixivのぴぃvさんが僕と同じランクでして
なぜだか同じリーグでお会いすることが多く
奇妙な連帯感みたいなものが芽生えております。



ともあれ、手軽にブラウザで遊ぶことの出来る新感覚のカードゲーム、サイバーワン、
是非是非お試し頂ければ嬉しいなと思っております。

2012.01.09 Monday

【バトルスピリッツ】お仕事宣伝です。


バトルスピリッツ公式

バトルスピリッツ15弾『覇王編第2弾 黄金の大地』に描かせて頂きました。
赤のスピリッツ・ピグミゲーターと
青のスピリッツ・グレネード・ゴレムであります。


最近は赤と青で描かせて頂いておりますが、まだ仕事をお受けしたばかりの頃
タワー・ゴレムという青のスピリッツを描かせて頂いた事があります。
そのため、再びのゴーレム系の依頼はちょっと嬉しくなってしまいまして
顔もちょっと方向性を同じくさせて頂いてます。

そういえばこの頃というか、ピグミゲーターの作画くらいから気になり始めたんですが
ピグミゲーターは溶岩の背景なのでよりそれが顕著でしたけど
なにしろちょっと、黒で誤魔化している感と言うか。
陰の部分を濃くすることでムリヤリに質感があるように見せる手クセのようなものを自覚しまして
最近はちょっと意識して注意しています。


――――――――――――――――――――――

遅れましたが、明けましておめでとうございます。

前述の話ともやや関連しておりますが、
昨年11月にPIXIVマーケットで、普段交流させて頂いているPIXIVの方々とお会いしたこともあり
それも大いに刺激になったのではと思うのですが
なんというか、技術的な部分の自分の粗(あら)のようなものが最近とみに見えております。


昨年は正月過ぎから約半年間、PIXIVファンタジア5とピクシブサイキッカー2で
とにかく息をもつかせぬ漫画の制作が続いておりましたから、
割とそういう期間というのは、自分は未熟だなんだと嘆いているヒマもありませんで。
ただただ必死に描いていた時期であったと思うのです。

良く言えばそれは、脇目も振らず一生懸命やっている事でもあるのですが
それは同時に、自分の技術について冷静に、しっかり向き合うのを怠る時期でもあります。
大体が僕はそういう2つの時期の繰り返しで過ごしてきているように思うのですが
今は恐らく、冷静さ、自分への厳しい目線が必要な時期なのではないかなと思います。


ともあれ、今年は再び研鑽の年であるだろうと念じつつ
皆様、どうぞ再び一年、よろしくお願い致します。



>ゲバル氏
いやもうねー 同じシリーズの他の方の作品とかを観ていると
ウンコだなと思うね!凹む時期だわ!!

でも、ツイッターなどでもゲバル氏もとてもお元気そうで何より。
今年こそ久しぶりに飲みに行きたいものだね!

今年はもうちょっとフットワーク軽く東京に行きたいなと思うなー。  

2011.11.14 Monday

【サイバーワン】お仕事情報であります!



<サイバーワン公式サイト>http://www.c-1cyberone.com/official_top/official_top.html

BANDAIさんのNETカードダスシリーズである『サイバーワン』が
10月から正式に商品展開されました。

これは購入したカードのシリアルをWEB上に登録し、
オンライン上でそれらのカードを使用する、新しいシステムのカードゲームでありまして
βテストの時点で、かなり遊んでいる方も多いのではないかと思います。
いよいよ本格開始となりますね!


サイバーワンのカードのカテゴリー分類は、国や軍隊ではなく『企業』でありまして
4つの企業が電脳上のクリーチャーを作り、互いに競い合っているという設定です。
そのサイバーワンの企業、『コスモスデザイン』のイラストレーターとして
コスモスデザイン社の電脳クリーチャーを描かせて頂きました。八房です。


既に電脳上のデッキでこの二つのクリーチャーを使ってくださっている方がいらっしゃいましたら
心から御礼申し上げます。
上手に使ってやってください!


実際、僕もサイバーワンはプレイしているわけですが
ついついスコルピオは壁用、バジリスクは相手HPの削り用にと
デッキに組み込んだりしております。


ちなみにバジリスクは当初、トカゲ系のデザイン指定があったのですが
バジリスクの来歴によれば、中世から現代にかけては
ヘビとニワトリの複合生物のようなイメージへと変化して行ったそうです。
僕としてはファイナルファンタジーのコカトリスのイメージが非常に強いものですから
ニワトリの路線でOKをして頂きました。


製作時期がPixivファンタジア垢僚了時期と近かったこともあり
丸焼きチキン野郎さんを大いに愛した影響がちょっとだけ出ているのかもしれませんね。


>あいあいせんチョルノ=チョバァーナ

チャコペッカリーっていう生き物が居た事自体が僕はホント驚きでして
名前がなんか非常に気に入っているのもありますw

なんだかんだで、なんとかお仕事を現在も貰えております。
ただなんかこう、描けば描くほどに『僕のが一番ヘタだ』みたいな気がしておりまして
もっともっと頑張ります・・!

2011.10.14 Friday

お仕事宣伝であります!



<バトルスピリッツ公式ページ>

先日発売されました、バトルスピリッツ第14弾 覇王編〜英雄龍の伝説〜に
二点描かせて頂きました。

今回はイノシシのようでイノシシではない生物、チャコペッカリーが題材で
お仕事頂いた時に「チャコペッカリー?」って聞き返してしまったものでした。
まあ、イノシシ的な生き物なんですけどもね。

右のドラグザウルスは、元々バトルスピリッツのアニメに登場していたキャラクターらしく
今回、バトルスピリッツの弾が変わり、メインが一新されるということもあり
旧キャラクターのボスオンパレード的な登場とのことで。
キン肉マン2世で言う、伝説超人(レジェンドちょうじん)みたいなものでしょうか。

僕もこのドラグザウルスっていうキャラはテレビで観たことがあり
今回ちょっと、光栄ながらも緊張したものです。


ともあれ、既にプレイヤーの方々のお手元に届いている頃かなとは思いますが
是非是非遊んで頂けると幸いであります!

――――――――――――――――――――――

現在はインターネット上カードバトルシステムである「サイバーワン」の方でも
お仕事を受けさせて頂いているのですが、
とりあえず本格的にウエハース商品の見本が届き次第、そちらも宣伝していこうと思います。

というか、本当にちょっと久しぶりの更新になってしまいましたが
現在は絶賛・ダークソウルのプレイ中でもありまして
PIXIV企画のPF5とピクサイで燃え尽きた身体をダークソウルに完全燃焼しています。
現在二周目の終盤ですが、まだまだやれることがたくさんありそうですね!


そんな事言ってる間に、明日からPIXIVでPixivファンタジア外伝が始まるんですけども!!
さ、参加できると・・・いいなあ・・・とは思っております。


2011.08.01 Monday

お仕事宣伝であります。

<Battle Spirits バトルスピリッツ公式




バトルスピリッツ、「星座編 第四弾:星空の王者」「星座編 第三弾:月の咆哮」で描かせて頂きました
チョーターとスタッガーの二種類です。

これらを描いていたのがまさにPixivファンタジア5の最中でしたが
どちらも既に発売されているので、告知させて頂こうと思います。

右のスタッガーの方は、PIXIVでお世話になっているマイピクのマヤタさんが
「八房さんのだ!」ってツイッターで仰って下さってまして
うわあ、気付いて頂けるものなんだ!と、ちょっと感動したものです。

チョーターの方は確か7月24日と、つい先日発売したものです。
全国のプレイヤーさん達の元に、僕のダチョウが届いている頃なんでしょうか。


――――――――――――――

この二体はどちらも、動物の複合体的なスピリットだったのですが
クワガタの角を持った鹿である、右のスタッガーはまだしも、
チョーターは「チーターの脚を持ったダチョウです」というご指示を頂きまして
「ダチョウのアイデンティティって脚じゃねえの!?」
と、最初は困ってしまったのをよく覚えています。

工夫して描いて見ると、どことなく恐竜の脚のような角度になりまして
チョーターのデザインは、今では非常に気に入っています。


そう言えば、先日、バトルスピリッツのイベントについてのお話を
担当の方から伺ったのですが、
以前、僕の仕事として紹介させて頂いた「タワー・ゴレム」というカード、
これがなかなか強力なカードらしく!

全国大会で使用されているのをよく見かけたとのお話です。
なにやら、バトスピのアニメ声優さんの対戦イベントがあったそうなのですが
そこでもよく使用されていたとの事で。

カードゲームの内容的には僕は関わっている事ではないのですが
そういうお話聞くと、やっぱり嬉しいものです。

全然知らないプレイヤーさん達や、イベントで声優さん達がカードで戦うとき、
なんの気なしに見ているカードの絵柄は、自分が描いたものなんだなと思うと
それはなかなか不思議なことだと思うんです。
不思議なことでありつつ、それはなかなか凄いことですよね。



で、これらの後もいくつかお仕事をさせて頂いているのですが
当然の事ながら、ピクサイ兇汎瓜進行であったわけです。
全国のお子さんも、まさかカードを描いている人が
裏で赤毛のOPPAIにうつつを抜かしていたとは思わないでしょうね。

2011.04.12 Tuesday

お仕事情報です。



発売から随分時間が経っていますが、お仕事情報です。
バンダイから発売の、『バトルスピリッツ11弾 星座編 灼熱の太陽』に
『タワー・ゴレム』というスピリットを描かせて頂きました。
前回のディアルドと同じく、青のスピリットであります。

ピクファンに追われつつ、この作品の後にも二度ほど仕事をしていたので
これを描いたのは随分前だったようにも錯覚してしまいますが
ともあれ発売は先月。
既に、遊んでらっしゃる方々の目に触れているのかなと思うと
なんとも不思議な気分であります。

もしも、ブログを読んでいる方で、バトルスピリッツのプレイヤー、かつ
青のスピリットデッキでタワー・ゴレムを使ってらっしゃる方が居たら
『これがガチ房さんのゴーレム(隠語)か』
と、思ってやってください。


――――――――――――――
ともあれ、Pixivファンタジア垢禄了しまして、
僕はこのブログの更新もままならず、ひたすら漫画を投稿していました。
エンドロールがまだなので、終わった実感はありませんが
ともあれ、二ヶ月の期間、ただひたすらに漫画を描いていたような気がします。

ピクサイ2のブログに移る前に、
ピクファン5の思い出ブログはアップしておきたいなと思っています。


なんというか、ピクファンと同時進行で仕事のイラストも描いていたり
薬剤師の仕事は通常営業でと。
本当に忙しかったんですが、なにより本当に充実した二ヶ月間でした。

2010.11.17 Wednesday

初仕事の作品、発売です。

【バトルスピリッツ】公式:http://www.battlespirits.com/



11月12日に発売された、
バトルスピリッツ第10弾・ 星座編 第1弾【八星龍降臨】
『鹿人(かじん)ディアルド』というスピリットを描かせて頂きました。
見本のカードも届いておりまして、上の画像はその写真であります。

いや、実は発売を18日と勘違いしておりまして
本当はすでに11月12日に発売しております!!
アホか!!


バトルスピリッツは現在テレビ朝日系でアニメも放映しておりますし
名前を聞いたことのある方も多いのではないかと思います。

このお仕事の声を掛けていただいたことは身に余る光栄でありまして、
実物のカードが届いた今も、なんだか実感が沸きません。

このブログを見ている方で、
バトルスピリッツで遊んでおられるプレイヤーさんがいらっしゃいましたら
『この鹿が八房さんの仕事か』と
そっと、ほくそ笑んでやってください。

――――――――――――――――――――――――――――

これが僕の人生の中における、イラスト初仕事になります。
デビュー作と表現するなら、そういうことになるのだと思います。

仕事の名義は『藤岡 八房』でお受けしております。
ネットをはじめた13年前から使っているHNの『八房』は残しつつ
苗字は昨年亡くなった祖母の苗字、僕の母方の苗字です。


ともあれもこのカード作品、基本的にいわゆる人間のキャラクターが存在しないので
僕の担当したスピリットは、鹿の頭を持った半獣人であります。

この作品を描いていて、そういえば投稿時代に
カエルの半人や鳥の半人など、漫画のモブとして色々描いてきたのを思い出しました。

その経験が役に立ったというほどではないと思うのですけど
少しだけ感慨深くもあります。


実際のカードが届くと判るのですが、
やっぱりカードになったときに見づらかったり、色々と反省もありまして
今後の仕事に活かしていければなとも思います。


>SAYKAさん

コメントどうもです!
仕事のスケジュール的には、今のところはかなり緩やかなので
今のところは薬剤師の仕事と両立させることは出来ています。

けれどもなんというか、この先、どのように進むにしろ、
どちらも両立させていくということはどちらにしても難しいのかなとも思います。
今後どうなるかは、ちょっと僕も判らないところですね。

2010.10.12 Tuesday

デモンズソウルな日々 その2



さて、先日はデモンズソウルのMADと、ざっくり説明を書かせて頂きました。
僕の進行度といえば、一度はクリアをして現在2周目後半、そろそろ攻略ステージもカウントダウンに入っている状態で
ステージ自体に恐怖を感じることも、まあ全く無いわけじゃないのですが
以前に比べれば慣れて来ているとは思います。

マルチプレイ・・・つまり、異世界の戦士を呼んだり、呼ばれたり、侵入されたりの
そのマルチプレイは70回程度。まだまだヒヨコの域です。


マルチプレイにはいくつかの方法があり、
・自分が生身で、異世界のソウル戦士を召喚する
・自分がソウル体で、白ファントムとして異世界の生身の戦士に召喚してもらう
・自分が生身で、異世界のソウル戦士に侵入される
・自分がソウル体で、黒ファントムとして異世界の生身の戦士の世界に侵入する

の、4つのパターンがあります。

この4つのうち、前回触れたように、僕のマルチプレイ記念すべき第一回目は
黒ファントムに殺されるというデビューだったわけであります。

正確には『初めて取り戻した生身の身体』ではなく、
初めてのマルチプレイが・・・・ということでした。

初めて取り戻した生身の身体は、どっかで落下死したような気がします。



続きを読む >>
<< | 2/7 | >>

▲top